2008年11月23日

あなたも、斉藤正章氏の投資法を実践

あなたも、斉藤正章氏の投資法を実践

株式システムトレードで第一人者の
斉藤正章氏が日経225先物のトレード手法を公開。


あなたも、斉藤正章氏の投資法を実践してみたいと思いませんか?
株式システムトレードで第一人者の斉藤正章氏が日経225先物のトレード手法を公開






今回のセミナーでは、斉藤正章氏がこれまで一度も公開してこなかった日経225先物のシステムトレード戦略をエンジュクで初めて公開致します。

前回のセミナーでは、募集からわずか1週間で約100名が満席となり、キャンセル待ち・DVD予約を含め数百名のお客様からお申込みを頂きました。




なぜ、斉藤正章氏のセミナーがこれほど支持されているのでしょうか??

それは、
初心者でも分かりやすいよう具体例や、数字を使って根拠を示し、かつ実践再現可能なレベルまでノウハウを落とし込んでいる

これに尽きるのではないかと思います。

例えば、投資で成果をあげるために特に重要となる資金管理について、斉藤氏は前回のセミナーの中で以下のように解説していました。

『ほとんどの方は、資金管理が大事だとわかっていても具体的に(どうすればいいのかは)数値化しないと分からないと思うんですね。

ですから、どういうことをすると資産がどうなるのか、
ドローダウンがどうなるのかを数字を示す必要があると思います。

皆さんどうしても売買ルールに視点が行きがちで、
資金管理が感覚的になってしまっている方が多いので、

今日は資金管理に関しても、具体的にどうすれば、どういう結果になるのかがわかるよう数値化し検証したものをお見せしながらお話したいと思います。』

ご参加頂いたお客様の声も見ても、そのことがわかります。
株式システムトレードで第一人者の斉藤正章氏が日経225先物のトレード手法を公開





具体的で、リスクとリターンが分かりやすかった。資料が多く分かりやすかった。

検証結果を載せた、別冊資料が良かったです。

とても理論的、かつ実践につながる内容で参考になりました。

多様な資金状況での検証結果の提示は大変良い。

斉藤先生のお話が上手で、聞きやすくて良かったです。

説明がロジカルかつ事実ベースで分かり易かったです。非常に参考になりました。

内容がとても具体的で、定量的だったので非常に役にたった。

非常に内容が濃く、説明も分かりやすかった。

順張りの部分はかなり新鮮でした。

具体的なルールや検証結果など、わかりやすくとても参考になりました。これからシステムトレードを始めるにあたり、注意点などいろいろ聞けてよかったです。

順張りと逆張りの組み合わせ方が良かったと思います。

順張り銘柄を逆張り銘柄に切り替えるアイデアが良かった。

数値化されていて分かり易かったです。

今、旬の投資家、及び投資方法の確認が出来た。

次回も楽しみにしています。

今までで最も実践的なセミナーでした。資金管理についてここまでくわしく説明を聞いたのは初めてです。

順張りの手法が聞けてよかった。さっそく順張りを 組み込んだストラテジーを検証してみたいと思いました。

資料も良くまとまっていて、講義も分かりやすかったです。

検証期間が長いので信頼感がある。

斉藤先生の誠実さが感じられて良かった。内容も分かりやすく、有用であった。

分かりやすかった。検証結果も豊富でよく考えられた資料でよかった。

具体例がたくさんあり、とてもわかりやすかったです。しかも、数字にきちんと落とし込んでおり、大変説得力がありました。とても再現性のある手法だと思います。

実践的な内容で今日から試してみたいと思います。どうもありがとうございました。

シグナル数の目安が良かった。

良く分かりました。満足しました。

期待以上の内容だと思います。参加出来て良かったと思います。

順張りルールについて分かりやすく理解できました。意外に単純でびっくりしました。期待以上のセミナーでした。

具体的かつ新しいアイデアの説明があり、参考になった。

収穫があった。

順張りでのシステムの考え方が理解できて参考になりました。ありがとうございました。

過去のデータを元にした説明でより理解できた。トレードする前にセミナーを聞けてよかった。

最後の1時間は特に良かった。

逆張りという精神的に厳しいトレードを行う前に、第一人者の話が聞けたのは大きい。

斉藤先生の手法を単純化して勝つという点がすばらしいと思いました。

資金管理やフィルターについて詳細に説明していたところが良かった。

分かりやすい説明でした。ありがとうございました。

具体的な事例が多くてよい。

別紙の検証結果については大変参考になりました。自分の性格や目的にあった運用モデルを構築したいと思います。ありがとうございました。

今まで聞いたことが無いアイデアが詰まっていて有益だった。

すべて検証された結果で、安心できる。すばらしいです。

システムトレードを行ううえで大事なことが全て入っていたと思う。

そして、理解を深めるために斉藤氏が作成した、27パターンもの検証結果(別冊資料)は、受講生の方々からも大変評価が高く、セミナーに参加した「イベント投資セミナー」講師の夕凪氏も、当日の日記に以下のように書かれているほどです。

『(前略)システムトレードに多少でも興味がある方には、このセミナーDVDを購入することを強くお勧めします。単なる投資法だけではなく、結果に至るまでの過程で 「何が一体重要なのか」がしっかりと解説されていますから。
シュミレーション結果が掲載されている計27Pageの「順張り&逆張りシステムトレード別冊資料」これだけでも元が取れるんじゃないかな。』

今回も前回と同様に、斉藤氏が実際に用いている日経225先物のシンプルな
下記、5種類の売買ルールを公開し解説を行いました。

 ・順張りドテン売買
 ・逆張りドテン売買
 ・急落型逆張り
 ・デイトレ売り
 ・1泊型

そして、もちろん本セミナーも前回同様、内容の濃い、再現性の高いセミナーとなっております。

なお、今回のセミナーで扱う日経平均先物は、現在、日経225ミニの登場やイブニングセッションの導入もあり、また手数料も格安で流動性も高いといった環境が整い、いま取引量が活発になっており、また、資金が少ない方でも手軽に始められる投資対象として魅力的になっております。

斉藤氏は個別株のシステムトレードで大変な成果を残しておりますが、その他でも日経225ミニを運用し、その経過は投資日記ステーションでも公開されており、日経225先物でも1年3ヶ月で資金を2倍以上にするなど個別株同様に高い成果を残しています。

■初期(2006/09/07)の資金: 250万円
■現在(2007/12/10)の資金: 525万円

今回のセミナーでは、システムを構築するために必要となる考え方(手法の組み合わせ方・建枚数の決め方)や、システムを作るためのアイデア、そして、斉藤氏が実際に使用してきた売買ルールのうちのいくつかを取り上げ解説いたします。

(※今回は具体的な売買ルールを取り上げて解説します。エクセルを使って売買システムを作る方法などは行いません。)



日経225先物は、株と比べてレバレッジの効く商品であることから、 ハイリスク・ハイリターンという印象をお持ちの方が多いかと思います。

もちろん、高いリターン(利益)をあげるために大きなリスクをとって売買する方法もありますが、それとはまったく逆に、比較的小さなリスクで年間30〜40%の安定的な利益 を得ることも可能なのです。

今回のセミナーでは、初心者から中級者を中心に、売買システムを構築するうえで 重要となる考え方についてお話させていただきます。

ただし、一部の方々から「売買ルールを教えてほしい」というご要望があること にも配慮して、実際に数種類のシンプルなルールを使って、安定的に利益をあげる方法も解説させていただきます。

さらに、株や日経225などの商品にかかわらず、すべてに共通して重要といえる「資金管理」については、その場でいくつかのシミュレーションを行いながら詳しくお話させていただく予定です。

システムトレードに興味のある方はもちろんですが、 自分の裁量でトレードしている方々にとっても、「どのように売買ルールを組み合わせるか」、「どの程度の枚数を建てるか」(資金管理)などの基本的な考え方は変わりませんので、そのような方々もお気軽にご覧いただければ幸いです。

また、実運用する場合に本DVDで紹介した5つのルールの中から複数のルールを組み合わせ並行して運用する(システムの合成)ことで、年次ベースで利回りが毎年プラス、資産曲線も安定的に右上がりにすることが可能になります。

このシステム合成を行なった資金管理シミュレーションは非常にパフォーマンスに直結するノウハウですが、本DVDでは、下記のシートを使って、その場で利回りやドローダウンのシミュレーションを行い、資金管理について理解いただけるようになっております。(シートは本DVDご購入後、ダウンロードし利用可能です)


上記のように組み合わせ次第で、ご自身の取れるリスクを加味しつつ、
パフォーマンスの高いオリジナルのシステムを作ることが可能です。

また、日経225先物だけでなく、大暴落時には日経225オプションを組み合わせて、
利益を伸ばすテクニックについても取り上げます。

システムトレード界では第一人者との沢山の支持を得ている
斉藤正章氏より、学べる機会は非常に貴重です。

募集からわずか1週間で100席が満席となった斉藤氏セミナーの第2弾です。

先に行った、個別株の順張り&逆張りシステムトレード戦略に加え、今回の日経225先物戦略を平行して運用することで、より安定的なパフォーマンスを目指す助けとなるでしょう。

長期間の投資人生でより利益を最大化するために、斉藤正章氏が実践し利益を上げ続けている日経225先物トレード戦略を習得してみませんか?株式システムトレードで第一人者の斉藤正章氏が日経225先物のトレード手法を公開






あなたも、斉藤正章氏の投資法を実践


株式システムトレードで第一人者の
斉藤正章氏が日経225先物のトレード手法を公開。
posted by システムトレード戦略 at 18:42 | 順張り&逆張りシステムトレードセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資で年利数百パーセントをあげた 最強のノウハウを公開

投資で年利数百パーセントをあげた 最強のノウハウを公開

投資で年利数百パーセントをあげた斉藤正章氏が最強のノウハウを公開。
あなたも、斉藤正章氏の投資法を実践してみたいと思いませんか?
投資で年利数百パーセントをあげた斉藤正章氏が最強のノウハウを公開。






・システムトレードで、どうも成果が出ない
または、
・検証では良い結果が出ているが、実践では損失が膨らんでしまっている

こんなお話を聞くことが多くなりました。
時間をかけて検証し、トレードを行っても、
損失が膨らんでしまっては、トレードを続けるのさえ、いやになってしまいます。

この問題を、資金効率と資金管理の課題を解決することで
驚異的なパフォーマンスをあげているトレーダーがいます。

システムトレードの世界でも個人投資家に絶大な支持を得ている、斉藤正章氏です。

斉藤氏は、ものすごいスピードで株価が暴落し、市場参加者が青ざめている中で、
逆張りシステムのルールに従って、淡々とトレードすることで利益をあげています。

そして、今回のセミナーでは、斉藤氏がこれまで公開されていなかった
2点の必要不可欠な課題解決方法について言及します。

ではまず、なぜ、斉藤氏は投資家の大多数が青ざめている中、
淡々と売買出来るのか?について、
下記の検証結果および売買ルールをご覧ください。(クリックで拡大します)




    ---この逆張りシステム売買ルール詳細はこちらです---
          【買いルール】
                 以下のすべての条件を満たす場合、翌日成行きで買い
                      ・●●日移動平均と株価(終値)との乖離率が−●●%以下
                      ・●日移動平均と株価(終値)との乖離率が−●●%以下
                      ・過去10日間の平均売買代金が1,000万円以上(任意条件)

             【売りルール】
                 以下のいずれかの条件を満たす場合、翌日成行きで売り
                      ・株価(終値)が買値より●●%以上の上昇
                      ・買付日から●●日以上が経過

この逆張りルールは、日中場を見ることの出来ないサラリーマンでも実践可能な、
寄り付きのみで売買する非常にシンプルなルールです。

検証結果を見ると、過去24年間のバックテストデータで、
@単年度で、負けた(マイナスとなった)年が1年もない
A勝率は、80%以上
B平均約20日間のトレードで、利益は約10%と驚異的

という、今までのシステムトレードの常識を覆すような裏づけ結果が出ています。

斉藤氏は、この検証結果から、暴落局面というリスクの高いシーンで、
高いリターンが得られることが、最初からわかっているため、
淡々と売買を行い成果を上げることが出来ているのです。

斉藤氏自身が実践し、年率でも数百パーセントの利益を手にした、
この逆張りシステムトレード手法は、斉藤氏の第一弾のDVD、
第二弾のDVDにて完全公開されました。

そして、その80%以上の勝率と検証結果に、多くの投資家が驚愕しました。

しかしながら、このルールで単純に売買をすると
陥りやすい落とし穴があります。

その、逆張りシステムの落とし穴とは、
資金管理の方法により、リターンにかなりの開きが出ることと、
上昇相場では、投資チャンスが少ない
という2点です。

この点についての認識は、斉藤氏から頂いている以下のコメントをご覧下さい。




私の得意とするのが逆張りであることから、順張りよりも逆張りのほうが有利だと
考えている方もいるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

逆張りは中途半端に下がっている銘柄を仕掛けるのではなく、勢いよく急落している
銘柄を仕掛けるのが逆張りであり、おもに株式市場全体の暴落相場で買いシグナルが
多く発生するという特徴があります。

そのため、年間を通して頻繁にチャンスがあるわけではありません。

もちろん、逆張りだけでも長期的に勝ち続けることは可能ですが、1980年代や2005年のような
上昇相場では逆張りのチャンスが非常に少ないため、そのチャンスを待ってトレードをしないというのは
大きな機会損失になります。

そこで、逆張りの欠点(機会損失)を補完する目的で「順張り(トレンドフォロー)」を取り入れることは、
逆張りのチャンスが少ない上昇相場でも安定的に利益をあげ続けるための
有効なアプローチとなるのです。

逆張りシステムは、実践者の投資資金、資金分散の方法により、リターンにかなりの開きが出ます。
このことについてご理解頂くために、以下の検証結果をご覧下さい。

【事例1】
検証期間:1990年1月1日〜2007年8月31日まで
(A)1200万円の資金を3銘柄に分散してトレードした場合
(B)1200万円の資金を60銘柄に分散してトレードした場合



この【事例1】からわかることは、
・多くの銘柄に資金を分散することで、トレード回数が多くなり、リターンが安定する
・多くの銘柄に資金を分散することで、ドローダウンが小さくなり、リスクが低くなる
・資金分散を行わないとリターンが安定せず、(検証結果では平均損益が大幅なプラスにも関わらず)期間損益がマイナスになる場合もある

このことから、資金管理の重要性がお分かりいただけると思います。

また、逆張りシステムは、上昇相場と下落相場ではパフォーマンスにばらつきが出ます。
上昇相場では、投資チャンスが少ないという弱みがあるためです。

そのため、パフォーマンスを安定させ、上昇相場での機会損失を避けるためには、
順張りシステムを併用することが必要となってきます。

このことについてご理解頂くために、【事例2】をご覧下さい。これは、上昇相場の典型ともいえる
バブル相場の期間の検証結果です。

【事例2】
検証期間:1983年1月1日〜89年12月31日まで
20万円ずつ60銘柄に分散した場合


実は上昇相場では、トレードの機会が通常の約1/9と激減し(24年の平均は207回/年)、年間のリターンにばらつきが出ることがわかります。

これは、以下の検証結果を注意深くみてもわかります。



斉藤氏の逆張りシステムは暴落局面では非常に有効なシステムである一方、
上昇トレンドでは、パフォーマンスが上がりにくいという弱みがあります。

そのため、長期間にわたり安定して高いパフォーマンスを上げ続けるためには、
さらに以下の2点の理解が必要不可欠なのです。
(1)資金効率を上げる為の資金管理について理解していること
(2)上昇相場でも勝つためのトレード戦略を理解していること

現在公開されている逆張りシステムの手法は、勝率、利益率ともに優れた
トレード手法ではありますが、あくまで斉藤氏のシステムトレード戦略の一部でしかありません。

そして、この逆張りシステムの弱点を補完し、”長期にわたり高いパフォーマンスを実現する”
のが、今回紹介させて頂く順張り+逆張りを組み合わせたシステムトレード戦略なのです。

今回のセミナーでは、これまで細部まで明かされることのなかった、
この斉藤氏のシステムトレード戦略の全貌に迫ります。

---斉藤氏のレポートより---
私自身が2010年までを勝ち抜くために必要だと考えるものを項目に挙げるとすれば、 精神論は別として、物理的には以下の3つになるでしょうか。

(1)上昇相場で勝ち続ける「攻め」の戦略
(2)下落相場でも負けない「守り」の戦略
(3)破産を回避するための資金管理術

他にも細かく言えば必要なことはまだまだあると思いますが、私の中で常にイメー
ジしている要素はこれだけです。


今回のセミナーでは、このことを明確にし、
(1)上昇相場で勝ち続ける「攻め」の戦略、
(2)下落相場でも負けない「守り」の戦略について理解を深めて頂くため、

パターン@: 逆張りのみで利益をあげる
パターンA: 逆張りの大量発生時のみ+順張りで利益をあげる

の2パターンについて、解説していきます。
結果として、相対する相場でバランスよく利益を上げている2つのトレード戦略を学びます。

(3)破産を回避するための資金管理術については、以下について学びます。
・ドローダウンへの対処法や成績をコントロールするための考え方
・順張り、逆張りトレードのを組み合わせて運用するための機械的運用モデル
・利回りやドローダウンを意識した資金管理術

今回のセミナーでは、逆張りシステムの資金管理について解説するとともに、
成績を安定させ、パフォーマンスを飛躍的に向上させるフィルター(※)などに
ついても学びます。
※フィルター・・・ここでは資金管理を補う為の、補足ルールの事を指します。

斉藤氏曰く、
もしも、ドローダウンを一定の範囲にコントロールすることが出来れば、
優位性のある手法を忠実に実行しているかぎり、
勝てる可能性が高くなるといいます。

株式投資の最大の目的は利益をあげることです。
しかし、現実には持っている資金の量や許容できるリスクなどにより、ひとりひとりに合った運用方針が必要であるのも確かです。

例えば、「とにかく大きな利回りをあげたい」という方もいれば、「利回りはほどほどでかまわないので安定的に利益をあげ続けたい」という方もいるでしょう。

今回のセミナーでは、皆様のこのような要望を満たすため、ひとりひとりに合った適切な運用方法を提案させていただきたいと考えています。

また、これまでの逆張り戦略に加え、私が実際に使っている順張り戦略を補助的に取り入れたシステムトレード運用術に踏み込み、さらに実践的な内容をお伝えしたいと思います。

システムトレードの経験がない方でも実践できるよう配慮していますので、お気軽にご覧頂ければ幸いです。
投資で年利数百パーセントをあげた斉藤正章氏が最強のノウハウを公開。






投資で年利数百パーセントをあげた 最強のノウハウを公開

投資で年利数百パーセントをあげた斉藤正章氏が最強のノウハウを公開。
あなたも、斉藤正章氏の投資法を実践してみたいと思いませんか?
posted by システムトレード戦略 at 18:40 | 順張り&逆張りシステムトレードセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする